アクティベーションキーの取得

 寄騎V4のインストール後に、寄騎を使えるようにアクティベーションを行う必要があります。そのアクティベーションに必要なのが、アクティベーションキーです。

■アクティベーションキーの取得

 インフォトップからダウンロードして頂いたpdfにアクティベーションキーの自動発行URLがあります。そちらへブラウザでアクセスして下さい。下記の画面が表示されます。

 氏名、メールアドレス、メールアドレス(確認)、インフォトップでの注文IDを入力いただき、確認ボタンをクリック後、確認画面にて、送信ボタンをクリックします。

 入力いただいたメールアドレスに、アクティベーションキーが届きます。

 10分待っても届かない、迷惑メールフォルダにもない場合には、お手数ですが、サポートまでインフォトップでの注文IDを記入してメールして下さい。

 寄騎サポートsupport@tmksolutions.com

次のページへ続きます。

寄騎V4インストール前の準備

 寄騎V4をインストールする前に、お使いのPCに以下の準備が必要です。

■寄騎V3のバックアップ

 現在お使いの寄騎V3のデータを移行される場合には、最新のバックアップが必要です。寄騎V4に、V3のデータ移行が必要ない場合は、スキップします。

 寄騎V3を起動して、[設定]タブにあります[バックアップ]ボタンをクリックします。バックアップフォルダにデータファイルがコピーされます。

 バックアップされたファイルで必要なものは、[yoriki-v3.sdf]だけです。安全のため、PC外部(ドロップボックスやUSBメモリなど)にもコピーして下さい。

IE(インターネット・エクスプローラー)の最新版をインストール

 寄騎は、以前のバージョン3まではIE8のみがサポート対象でしたが、寄騎V4は、独自のブラウザを用意致しました。ですので、お使いのIEのバージョンに依存は致しませんが、セキュリティ上、お使い頂ける最新版のIEをインストールして下さい。

次のページへ続きます。

寄騎V4インストール前の準備 続き

■必須のデータベースモジュールのインストール

 寄騎では、SQL Server Compact 4.0 SP1を使い、データをファイルに保存しています。下記のMicrosoft社のサイトから、SQL Server Compact 4.0 SP1をダウンロードしてインストールして下さい。

Microsoft® SQL Server® Compact 4.0 SP1
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=30709

 お使いのPCが32bit版か64bit版かを知る方法
 http://support.microsoft.com/kb/958406/ja

 又、Microsoft .NET Framework 4.0も必須ですが、お使いのPCにインストールされていない場合、寄騎のインストール中にMicrosoft社のサイトからダウンロード、インストールされますので問題ありません。

 次の準備は、お使いのWindowsにより内容が異なりますのでご注意下さい。

次のページへ続きます。

寄騎V4インストール前の準備 続き

■Windows Vistaをお使いの方

・IE(インターネット・エクスプローラー)

 寄騎V4は、独自のブラウザで表示しますが、セキュリティのため、IEのバージョンを確認して下さい。Windows Vistaで使える最新版は、IE9です。

次のページへ続きます。

寄騎V4インストール前の準備 続き

■Windows7、Window8,Windows8.1をお使いの方

・IE(インターネット・エクスプローラー)

 寄騎V4は、独自のブラウザで表示しますが、セキュリティのため、IEのバージョンを確認して下さい。Windows7以降で使える最新版は、IE11です。

 Windows8をお使いの方は、無償でWindows8.1へアップグレード出来ます。今後のセキュリティを考え、Windows8.1へアップグレードして下さい。

 以上で、インストール前の準備は完了です。

目次